【ダイエットの基礎】食欲コントロールとは何か

特に女性の方であれば、1度はダイエットの経験があるのではないでしょうか?

また、今流行りの2ヶ月で10kg減量の様な短期集中のトレーニングジムに通った経験がある方もいるのではないでしょうか。

多くの場合、ダイエットに取り組んでいる間はトレーニングと一緒に食事制限も行なっていることが多いです。

しかし、この食事制限は食欲を無視してただ我慢をしているケースが圧倒的に多い印象です。

こんなことをしていれば、短期的には痩せることが出来ても、どこかで我慢の限界から来る反動によって、食べ過ぎが起こりリバウンドしてしまうと考えられます。

これは先ほどお話ししした様に、食欲を無視しているからです。

短期で体重を減らさなければいけない理由がない限りは、食欲をコントロールしてダイエットをすることが必要です。

食欲がコントロール出来ている状態とは、自分のお腹の空き具合を感じ取って、それに合わせた食事量で満足することができる状態です。

これが出来れば、無理に食事を我慢して反動による食べ過ぎ、リバウンドを防ぐことができます。

それに加えて、ダイエットもスムーズに行うことが出来ます。

だから、ダイエットの前にまずやることは食欲のコントロールなのです。

 

今回は、そんな食欲のメカニズムについてお話ししていきます!

 

【ダイエットの基礎】食欲コントロールとは何か

食欲は脳で自然と起きるもので、大きく2種類存在しています!

①嗜好性に基づく食欲

②恒常性維持に関わる食欲

だから、ただ我慢をしようというのが大きな間違いです。

 

①嗜好性に基づく食欲

嗜好性に基づく食欲とは

おいしい〜!!!を求めて食べることを言います。

基本的に食欲というのは、身体の中のエネルギーが不足した際に感じるものです。

しかし、それとは別にで美味しかった!良かった!と感じる部分が反応して、食欲を生むメカニズムが、

嗜好性に基づく食欲と言います。

この食欲はエネルギーが不足しているという様な身体の状態とは関係なく起こります。

皆さんも感じたことがあると思いますが、

食後のデザートは別腹というのもこの食欲のメカニズムです。

 

②恒常性維持に関わる食欲

恒常性維持に関わる食欲とは

エネルギーの不足により起こる食欲です!

この食欲は基本的にホルモンによってコントロールされています。

・グレリン

という消化管から分泌されるホルモンは食欲を増進します。

これは、胃が空っぽになると分泌されると言われており、食べ物が身体の中に無くなったサインになります。

 

・レプチン

というホルモンは脂肪細胞から分泌されて、食欲を抑える様に働いています。

これは食べ過ぎが続くと、脂肪細胞が徐々に膨らんでいきます。

すると、食べ過ぎているから食欲を抑えなさい!ということを伝えるためにこのホルモンが分泌されるのです。

 

他に・血糖値小腸からのホルモン

の分泌も食欲を抑える方向に働きます。

血糖値も小腸からのホルモンも食べ物が消化・吸収されていく過程の中で変化します。

そのため、食事をゆっくり食べることが食欲を自然と抑制することにも繋がるのです。

だいたい1回の食事で20~30分はかけて食べられる様にしましょう。

 

おかしなダイエットはやめましょう

この様に食欲をコントロールするメカニズムは多様です。

そんな中で、いつまでただ闇雲に食欲を我慢してダイエットを続けていくのでしょうか?

そんなことでは、一生ダイエット生活から抜け出すことは出来ません。

 

ただ闇雲に食欲を我慢して食事制限をすれば痩せる!

なんてことは無理なので、これを機にダイエットの方法について見直してみることをオススメします。

食欲コントロールの方法についてオンラインでサポートして欲しい方はこちらから

食欲コントロールオンライン実践講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です