【ダイエットしたい人は要チェック】簡単3つの貧血チェック

ダイエットするためには貧血の改善がとても重要です!

貧血と甘いものの関係はこちら

 

貧血の多くは鉄分が不足することで起こります。

特に女性では生理の関係からも鉄分がかなり不足していると言われており、

貧血であると診断されていなくても、貧血に近い症状を持っている人はたくさんいます。

この様に鉄分不足(貧血の疑いがある)と、ダイエットも上手くいかなくなってしまったり、疲労感が抜けず日常生活に支障を来すことがあります。

ちなみに筆者は鉄欠乏性貧血(比較的重度)の経験者です。笑

男性では比較的珍しいのですが、普段激しい運動をしていたことに加えて、好き嫌いが多かったために鉄分を食べ物からきちんと吸収できなかったことが原因と考えられます。

 

とても怖いのが、徐々に鉄欠乏に陥っていたためあまり自覚症状が感じられなかったことです。

そのため、自覚症状だけで判断することが難しい場合は、爪の状態血液検査の結果もしっかりと確認することが大切になります!

そんな貧血の疑いがないかを自分自身でチェックするポイントをお伝えします。

 

【ダイエットしたい人は要チェック】簡単3つの貧血チェック

①症状チェック

②爪の状態チェック

③血液検査チェック

※あくまで簡易的なものであるため、疑わしい場合は病院を受診することが大切です。

 

①症状チェック

貧血の疑いがあるとそれに特異的な症状が出現します。

下の簡易チェックをまずは試してみてください!

このチェック項目を確認し、当てはまる数が

4つ以上は黄色信号/6つ以上は信号

です。

このくらい症状があるけど、血液検査をあまりしたことが無い人は1度血液検査をしてみることをオススメします!

ただし、この後お話しますが診断では貧血ではないと言われたとしても、鉄が不足気味の結果であることもあります。

それだけで安心せず、このあと説明する数値と照らし合わせて必ず確認してください!

 

②爪の状態チェック

鉄欠乏があると自覚的に感じやすい症状以外に爪に変化が見られることがあります。

この様な爪の状態の時は鉄欠乏の疑いがあります!

特に爪の柔らかさはびっくりすると思います。

本来身体の中で爪はとても硬い組織なので、目安としてはスマホの画面くらいになります。

普段からスマホ使っている方は分かると思いますが、スマホの画面はけっこう硬いです。

 

③血液検査チェック

血液検査は会社などに勤めている方は基本的に行っていると思います。

しかし、その血液検査に落とし穴があることを知っておくことは大変重要です。

血液検査の正常とされている数値は検査をする会社ごとに基準値が異なっています。

そのため、ある会社では異常とする値だったとしても、別な会社の基準に照らし合わせると正常の範囲内ということがあります。

そしたら血液検査をする意味がないじゃないか!!!

と思うかもしれませんが、心配ありません!

ある程度、栄養学などの観点からみて検査項目の適正とされている基準が存在しています。

そのため、それを参考にして栄養のバランスを整える様に意識することで、未然に病気を防ぐことにも繋がったりします。

 

検査項目

貧血の項目は他にもいくつかありますが、分かりやすい2つの項目についてお伝えします。

ヘモグロビン(Hb)=赤血球の中にある鉄

値13.5~15台g/dl

色信号:13.5未満 信号:12.0未満

この数値に引っかかる人は、鉄不足が疑われます。

 

MCV=赤血球の大きさ

値93~99fl

色信号:93未満 信号:90未満

赤血球は大きさが大きすぎても、小さすぎても身体に十分な働きをしてくれません。

そのため、適度な大きさであることが重要です。

この数値が低い場合は鉄不足が考えられます。

 

鉄不足対策

鉄不足の解消にはレバーがオススメです!

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄という2種類あります。

これらの2種類の鉄分は身体への吸収率が異なります。

ヘム鉄が非ヘム鉄よりも圧倒的に高いと言われています。

そのため、鉄分不足解消にはヘム鉄を多く含むレバーが良いのです!

https://gourmet-note.jp/posts/5552より引用

さらに、ビタミンCと一緒に食材を食べると吸収率が上がると言われているので、

レモンなどを加えて料理を作るとより効果的です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です