【食欲コントロール】睡眠とダイエットの関係

“肥満゛と聞くと、暴飲暴食で食べ過ぎたから太るんでしょ?

と、思いますよね?

これは正解です!

基本的に

カロリーオーバー→太る

アンダーカロリー→痩せる

という流れになります。

 

では、このカロリーオーバーになる「食べ過ぎ」の原因に睡眠不足があるのをご存知ですか?

 

こんなことを知らないダイエット指導者は

『意志が弱いから我慢できないんだよ!!!』

の様な発言をしたりします。

 

また、これを知らないダイエッターの人は

『我慢できないなんて私はなんて意志が弱いんだ』

と、思ったりしていませんか?

 

これはちゃんとした食欲のメカニズムを知らないことが原因です。

 

そのため、この記事では睡眠不足と食欲の関係をお伝えします。

 

【食欲コントロール】睡眠とダイエットの関係

 

●睡眠不足で太る原因

①食欲が乱れてしまい食べ過ぎてしまう

②血糖値が乱れやすく、脂肪を蓄えやすい状態になる

 

睡眠不足はこのような状態を引き起こします。

では1つ1つ解説します。

 

①食欲が乱れて食べ過ぎてしまう

ダイエットというと、“食事を我慢する“というイメージが未だに根強いですよね。

しかし、そもそもこのお腹が空いたから何か食べたいという気持ちは、自分の意思で作られるものでしょうか?

 

答えはNOです。

 

食欲とは脳で作り出され自然とコントロールされるものであって、ただひたすらに忍耐強く我慢していれば良いというものではありません。

 

食欲とは

食欲は基本的にホルモン血糖値によってコントロールされています。

 

ホルモンは胃が空になることで、

『胃が空になったよー!食べ物を入れてくれ!』という指令を伝えるために

グレリンというホルモンが分泌されて、食欲を増進します。

 

もう1つは、血糖値の上下によってコントロールされています。

血糖値は、基本的に炭水化物(ご飯、パン、麺など)を食べることで上昇します。

血糖値の上昇→食欲↓ 血糖値の低下→食欲↑

のようになります。

 

つまり食欲は大まかに、

●食欲を調整するホルモンの分泌

●血糖値の上下

によってコントロールされているのです。

 

睡眠不足と食欲の関係

 

では睡眠不足が食欲にどう影響するか

 

●睡眠不足になると食欲増進ホルモンの分泌が多くなる

その結果として

睡眠不足→食べ過ぎ→肥満

と、なります。

 

『我慢できないのは意志が弱いからだ』

というのは、大きな間違いです。

 

もう1度言いますが、食欲は自分の意志で作り出すものではないですよね?

その時点で意志だけでコントロールするというのは不可能なのです。

 

②血糖値が乱れて脂肪が蓄えやすい状態になる

 

血糖値と食欲との関係は

血糖値の上昇→食欲↓ 血糖値の低下→食欲↑

でした。

 

では、睡眠不足と血糖値の関係をみていきましょう!

 

睡眠不足になると血糖値が大きく変動しやすいと言われています。

 

『お。血糖値が上昇するなら、食欲が減るってことだから良いことじゃん!』

と、思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。

 

血糖値が急激に上昇してしまうと、血糖値を下げるためのインスリンというホルモンが大量に分泌されます。

 

すると、血糖値は急上昇したところから、ジェットコースターかのように急降下していきます!

 

つまり、

血糖値が急上昇すると、最初よりも血糖値が低い状態になるのです。

血糖値が低くなると、冒頭にもお話したように食欲が上昇します

 

だから、

お菓子を食べる→血糖値が急上昇→血糖値が急降下→食欲増進

という様な流れが起こり、肥満へと繋がってしまうのです。

 

動画でも解説をしています。

 

睡眠対策

 

睡眠は人それぞれ適切な時間が異なると言われています。

5時間で十分な人も居れば、9時間寝なければ体調が悪くなってしまう人もいます。

そのため、自分自身で睡眠不足が食欲の乱れに繋がっていないかを確認する必要があります。

 

食欲の乱れcheck

●1日の自分の睡眠時間の平均を確認する

●その時間よりも1時間長く(1時間短く)睡眠時間をとる

●その結果で食欲が落ち着く(乱れる)かを確認する

本来は専門家に相談しながらの方がもちろん良いですが、地震でもその様な変化が起きるかに意識を向けることで、食欲と睡眠不足が関係しているかを確認することが出来ます!

簡単に実践できるので試してみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です