肩こりの3つの原因と改善方法

厚生労働省の発表によると、身体のなんらかの不調を訴えるものとして、

肩こりは女性で第1位となっています。

男性でも腰痛に引き続いて第2位になります。

これだけ多くの人を悩ませる肩こりには多くの原因があります。

これをやれば治る!これだけで肩こり解消!!!なんてものはありません。

自分がなぜ肩こりなのか原因を考えてそれに合わせた対処をしなければ効果がないのは当たり前です。

今回は肩こりが起こる3つの原因をお伝えします。

それぞれの対処法を試してみてください。

肩こりの3つの原因

①姿勢

②内臓

③自律神経

もちろんそれぞれが独立しているわけではなく、相互に関係し合っています。

自分がより当てはまりそうなもの、できそうなものから実践していくことで肩こりの改善につながります。

1つ1つ解説していきます。

①姿勢

頭はボーリングの玉のような重さと言われており、体重の約8~10%程度あると言われています。

そのため、体重60kgの人では頭の重さは約6kgにもなります。

そんな重たい頭を首の骨(頸椎)だけで支えているため、姿勢が悪くなると首の筋肉に過度な負担がかかります。

肩こりで悩んでいる人には特徴的な姿勢があります!

頭と肩の位置の関係を見るとそれが一目でわかります!

この様な肩こり姿勢になると首の後ろにある筋肉が硬くなります。

それによって、痛みや凝りなどの症状として現れ肩こりを自覚することになります。

これは普段デスクワークなどで座っている時間が長い人が、

肩こり姿勢を取り続けることでその姿勢が習慣化していまい症状を起こすケースが多いです。

 

肩こり姿勢改善エクササイズ

肩こり姿勢改善 簡単首のエクササイズ

②内臓

内臓は、背骨、肋骨、骨盤に囲まれたところに存在しています。

これらは体幹のインナーマッスルと呼ばれる、姿勢を保つために重要な筋肉とつながっています。

そのため、内臓がなんらかの原因で硬くなってまうと

体幹のインナーマッスルがうまく働かなくなり、肩こり姿勢になりやすくなります。

 

また、内臓が硬くなってしまうとお腹を大きく動かす腹式呼吸ができなくなってしまいます。

すると、肩で呼吸を行うようになります。

肩が上下するような呼吸を続けていると、肩こり筋たちに過度な負担がかかります。

そのため、内臓の硬さが原因で肩こり筋の痛みに繋がってしまうのです。

筋肉に対するストレッチだけで改善があまり見られない人は内臓ヨガを併せて行い、内臓の動きもよくしてあげることが大切です。

腹式呼吸改善のための内臓ヨガ

腹式呼吸を行いやすくするためには、横隔膜というお腹にある呼吸のための筋肉が働く必要があります。

横隔膜と強く関連している内臓として、肝臓脾臓の3つが挙げられます。

それぞれの内臓ヨガを行うことで、内臓の硬さが軽減して腹式呼吸が行いやすくなります。

③自律神経

自律神経は頭から背骨の横を通って骨盤まで向かいます。

その途中で手足の血管と同じように進み、身体の隅々まで向かっていきます。

この自律神経は主に内臓をコントロールしていて、内臓がきちんと働けるようにしています。

そのため、内臓からの情報を脳に届け、脳からの情報を内臓に届けるという相互的な役割があります。

 

内臓になんらかのトラブルがあると、自律神経を介して刺激が伝えられます。

この自律神経は背中の筋肉の緊張もコントロールしているため

内臓にトラブルがあることで、背中の筋肉の緊張を強めます。

その結果、内臓のトラブル自律神経を介して肩こりを引き起こしてしまいます。

 

自律神経のバランスの整え方

自律神経は背骨の横を通り、手足にまで波及していきます。

よって自律神経のバランスが崩れると背骨が硬くなる

背骨が硬くなっても自律神経のバランスが崩れやすくなります。

そのため、背骨を動かすことを積極的に行うことで自律神経のバランスを整える手助けができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です