ダイエットの大原則 ~無理な食事制限のワナ~

ダイエットと言うと

●無理な食事制限

●ハードなトレーニング

●ファスティング

などなど、これらのことをしないと痩せられないと思っている人が大勢います。

確かにこれらの方法をすることで、ダイエットにプラスに働く人もいるかもしれません。

しかし、基本的にはこんなことは必要ありません。

しっかりとダイエットの本質を理解して、日々の生活の中で習慣化してくことができればダイエットは可能です。

ダイエットの本質は食欲のコントロールです。

これを無くして、痩せることは本当に大変だし難しいです。

この食欲のコントロールダイエットにおける体重減少の基礎についてお話しします。

ダイエットの大原則

ダイエット(体重を減らすこと)の基本は

摂取カロリー(食事の量)より消費カロリー(エネルギーを使った分)が上回っている状況を作る必要があります。

(摂取カロリー) ー (消費カロリー) <0

当たり前の話にはなるのですが、これがきちんと達成できて初めてダイエットが進みます。

以前流行ったリンゴダイエットバナナダイエットもそれだけを食べるから痩せる

というイメージで浸透していますが、基本的には摂取<消費となるから痩せるのです。

だから、リンゴでもバナナでも食べ過ぎれば太ります

じゃあ、やっぱり無理な食事制限でもしてカロリーを減らしたほうが痩せるんでしょ?

という考えになるかもしれませんが、これにも落とし穴があります。

それを解説していきます。

カロリー制限のワナ

基本的な体重の減少は

(摂取カロリー) ー (消費カロリー) <0

と、することでした。

つまり、過度な食事制限をすれば一時的にではありますが、

(摂取カロリー) ー (消費カロリー) <0

を作ることができ、体重の現象が見込めます!

しかし、これの問題点が2つあります。

①食欲が強くなるため反動で食べ過ぎることにつながる

②代謝が落ちてしまうため、徐々に体重が落ちにくい状態になる、リバウンドしやすい状態になってしまう

 

①食欲が強くなる

食事の量を制限すると、身体の中に入ってくるエネルギーが少なくなってしまいます。

すると、身体はエネルギーを欲するので食欲が自然と増します。

過度な食事制限をする人は、この食欲をなんとか我慢するかごまかそうとします。

しかし、我慢の限界が訪れたときに反動で食べ過ぎることになります。

その結果、リバウンドを引き起こしてしまいます。

②代謝が落ちる

代謝は筋肉の量によってコントロールされているように感じるかもしれませんが、

基礎代謝が1番高いのは実は内臓です。

そして、この内臓は食事(摂取カロリー)が多くなることで、それらを処理しようと活発に働きます。

そのため、食事の量(摂取カロリー)が少なくなると、徐々に代謝が落ちていきます。

代謝が落ちてくると、そこからさらに体重を減らすためには、よりきつい食事制限をしなければならなくなります。

一方で、食欲はどんどん強くなるので、我慢の限界が訪れてしまい食べすぎてしまいます。

ここで、食事量を制限する前と同じ量を食べたとしても、代謝が落ちてきているので体重は直ぐに増加してしまいます。

その結果、無理な食事制限が大きなリバウンドを生んでしまうのです。

食欲コントロールダイエット

無理な食事制限をせずにダイエットするためには、食欲をコントロールする必要があります。

しかし、この食欲は無意識に生まれるものなので、意識的にコントロールできるものではなく、食欲が乱れてしまう原因は1人1人違っています。

それらを見つけて、解決するようにすることが大切になります。

食欲をコントロールするポイントについて書いた記事はこちらから

食欲をコントロールするための5つのポイント

もし、記事の内容を参考にしても解決が難しかったりした場合はオンラインでのサポートも行っているので、お気軽にお問い合わせください。

食欲コントロールオンラインサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です